2011年11月14日

毛玉について

今日は とっても疲れて更新するのもままならず…
話題が無いので 毛玉について犬(笑)

ずっと前私が埼玉のサロンで研修させてもらった時 飛び込みのお客様がきたんです。
子犬のプードルを連れたお客様。
その方は、トリミングに出すのだからと毛玉を放置…顔(汗)
多分トリミング代を浮かすためにご自宅で洗った模様…
プードルの毛質は特殊なので自宅で洗って乾かすにはちょっとしたコツがいるんですよ〜顔(え〜ん)

で 毛玉なんですけどね、飼い主さんは毛玉をなんともないと思われてるようでしたが、これってワンコにとっては結構ストレスになるような原因を招くんです。
毛玉の下の皮膚がかゆくて掻いても爪が引っ掛かるし、毛玉の下にはなかなか届かず…人間でもイライラしませんか?
しかし その方毛玉が可哀そうだから全身短くバリカンしてって注文の上爪を思いっきり短くしてくれって言われたんですよ。
知ってますか?ワンズの爪には神経があり、血が流れてます。
ばっつり根元近くまでなんて 鬼ですかっ!ふらふら
冷静にオーナーさんが説明をされてちょっとワンズには申し訳ないが少しずつ短くしていくという方法をお客様に提示して了承をもらいました。
冷静に考えてみてください。人間の爪には血が流れてないですが、深爪したら痛くないですか?
ワンズもそれなりに痛みを感じるんですよ。

トリミングが嫌いな子って 結局爪切りと耳掃除が嫌いなんですよね。
あと毛玉を取るの…たらーっ(汗)
ワンズが大好きで目指した仕事…結構嫌われる仕事なのね〜顔(なに〜)
と言う事でワンズにストレスのないトリミングを心がけていきたいのでそれには飼い主さんのご協力が必要なんです。Good
で私のサロンでは時々勉強会をしようと考えてます。
そのためには、私も日々勉強です。

皆さんからの疑問質問あれば受け付けます。
私と一緒に勉強しませんか?顔(笑)

079.JPG

ニックネーム アンジェラ at 21:49| Comment(0) | グルーミングとケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント